読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10センチメンタル。

ちょうどいい距離感

東西オカダイキの魅力を語る

 

 f:id:mash832:20170214233222j:image
 
M誌、東西オカダイキ対談を読んだ。

なんだこの可愛い生き物は~~~( ¨̮ )/

ってこれ1ヶ月くらい前のことで。やっと仕事が落ち着いて時間ができたので、西と東のオカダイキについて書いてみる。"自担ではない、でも気になるより特別な存在" 耳にしたことあるようなキャッチコピーだけど、まさにそのポジションに値する2組。後にこれを俗に言う『リア恋枠』だと知ってしまうのはまた別の話。

名前が似てる、というよりほぼ一緒、そして今私が最も気になってるアイドルの共演に不思議な縁を感じた。
去年の年末に雑誌のファイリングに非常に苦労したので、今年は極力雑誌購入は控えようなんて囁かな目標を掲げていたのに、オカダイキと目があった瞬間、突如使命感に駆られてレジに向かうのが私。多分先は長い。

ジャニーズはキスマイにしか興味が無かった私が、他グループの公演に入り、キスマイでは無いジャニーズ目当てでアイドル雑誌を買っている。一年前は想像できなかったろうな
2人について思うこと、現在に至るまでを以下ざっくり。

 

有岡大貴

グループの中に可愛いお顔の子がいるなあ、なんて番組を観ていて、後にわかったのが2歳も年上でした。世も末。
去年の10月、『DEAR』横アリ公演に友達に誘われて入ってきた。ファンの層が予想以上に若くて若くて若くてエネルギーを貰った。MCの途中に公開生放送が入るの、貴重で初めての体験で、あぁ私今JUMPと同じ空間にいるなぁて実感。舞踏会のモチーフにした構成やシャンデリアに乗って登場する演出もよかった。ジャニーズのコンサートの魅力はこういう所にあるよな。


推しである中島裕翔くんの団扇をがっつり持って入ったのに、ステージ上の有岡くんのダンスに見入ってしまった。いや、裕翔くんかっこよくて実物は更に小顔でどの曲もめちゃくちゃ笑顔でもう天使でしかなかったんだけど。1番衝撃受けたのがアイドルとしての有岡大貴、にだった。


記憶に残ってるのが山田くんとのデュエット曲。曲自体はゆったりとしたR&Bで、山田くんの繊細かつ丁寧なダンスと対になるかのように、有岡くんはリズムを武器にするパワフルなダンス。この2人のシンメトリーが凄く美しかった。そして『Ride With Me』。間奏のダンスが印象的なこの曲。しなやかな動きだな、と思った。気がつけば他の曲でも有岡くんを追ってる自分がいた。家に帰ってからHDDを荒々しく漁るように、なんとなく録画を残しておいたJUMPの映像を観た。

 

ソロでカメラに抜かれている時よりも、他のメンバーが抜かれている時に見切れる有岡くんに目が行ってしまう。小柄ではあるけど他のメンバーより振りが大きいダンス、なのになめらかで綺麗なんだよなあ。どのシーンをとっても魅せるダンスが確立されてる。

今月に入って1つ嬉しい情報が解禁された。有岡くんセンターの新曲。凄く凄く嬉しい。時代が有岡大貴に追いついた。応援していきたいと思う。

 

重岡大毅

キャッチコピーをつけるのなら、『360度一周まわってアイドル重岡大毅

 

 

ジャニーズWESTは、私の青春を飾るドラマの一つ、『ごくせん』に出演していた中間くんと桐山くんしか名前と顔が一致するメンバーがいなかった。これ、去年までの話。(笑)少クラかなんかの番組で逆転Winnerを歌うWESTを見て、センターの子とにかく楽しそうに踊る子だなぁって。メンバーからは「しげ」って呼ばれているんだな…あ、しげって下の名前じゃなくて名字か!重岡くんって言うんだ。

去年の11月に観にいった映画『溺れるナイフ』。小松菜奈ちゃんに菅田将暉、今を活躍する2人が主演を務める作品にして、重岡くんアイドル枠にして爪痕残しすぎでは…ってくらいキーパーソンを演じてたし、演技も素に近い役なのか、凄く自然でよかった。振られても尚、元カノを東京へと送り出し夢を応援する、最後まで笑顔だった大友くんはジャニーズWEST重岡大毅でしかなかった。拍手。

もっと重岡くんを知りたい( ¨̮ )/!生で観たい( ¨̮ )/!なんて言ってたらタイミング良く神のような友達に誘われて、なうぇすと横アリ初日に入ってきた。めっちゃめちゃ楽しかった!!

くしゃくしゃにした笑顔から覗かせる白い歯。溢れんばかりのアイドルとしての意識の高さ。汗を拭う仕草ですら絵になって、まるで三ツ矢サイダーのCMのワンシーンを見ているかのよう。そこに立っていたのは私の理想をぎゅっと詰め込めたアイドル、重岡大毅だった。

 

興奮のあまりおもいっきり誤字ってる。(笑) 

 


2人に共通している部分は何だろう。何に私はこんなにも惹かれたのだろう。考えて考えて、出した答えはこれだった。 

 

"自分の魅せ方を自分がよくわかっている”

WESTもJUMPも高身長メンバーが目立つ訳で、他メンバーと並んだ時にどうしても身長が………ってなるけど、ステージ上ではそんなの微塵も感じさせないオーラを放っている。
有岡くんは表現力の高いダンスで。
重岡くんは磨きに磨きをかけたアイドル性で。
他メンバーに埋もれずに惹かれるのは、自分の魅せ方をよくわかってるというか、誰にも真似出来ない個性を生かしているんだろう。
そういうのもまた、一種の才能なんじゃないかなぁと思う。


あとこれは完全に好みの問題で共通点という訳ではないんだけれど。私はオカダイキ、2人の歌声が好きだ。中毒性がある2人の歌声は正反対に近いと思うんだ。
重岡くんが王道中の王道ベリーベリーストロベリーなら、有岡くんはポッピングシャワーで癖になる刺激がある(サーティワンが今凄く食べたいのでアイスに例えてみた。ちなみに永遠の推しはキャラメルリボン)

重岡くんの歌声って本当に甘いんだよ… そしてどこか艶がある。油断も隙もないどこまでもアイドル重岡大毅cv重岡大毅
有岡くんは地声に近くて幼さを感じさせる歌声。なのにたまに色気を含んだ歌い方するからドキッとする。予告無しに急にこういうギャップ来るから心臓に悪い。


コンサートに行かなければ、この2人の魅力に気づけなかった。過去の出演作を知る度にもっと早く好きになっていたらなぁなんて後悔することも多いけど、自分が好きになったタイミングも意味のあるものだと思うから大事にしたい。これからたくさん知っていけばいい。

まとまりの無い文書になったけれど、東と西のオカダイキを代表として2人にはぶれないアイドル像を今後も貫き通して貰いたいし、個人としての活動、グループとしての活動が飛躍する年になりますように。ファンとしてはまだ知識は浅いけど応援していきたい。


正直なこと言うと、今までジャニオタって言われることに抵抗があった。繰り返すけど私はキスマイが好きでジャニーズの中では彼らしか興味無かった、筈だった。キスマイと同じくらい好きなバンドがいて、アイドルよりもバンドのライブに行く方が圧倒的に回数多かったしそれは今でも変わりはない。「キスマイが好きなだけ」ずっと並べてきた口だけの言い訳はもう通用しない。ジャニーズの公演に足を運び、彼らのCDを買う、そんな私は世間一般的に見たら知識やファン歴の浅さに関係なく、ジャニーズのオタクの人なんだろう。それでも良い。節操なし上等だ。社会人2年目に向けて、生きて行く糧をたくさん蓄えておきたい。

2017年はたくさんのアーティストの楽曲に出会いたいし、たくさんのアイドルの魅力をもっと発掘したい。今の自分の好きなものをもっと大事にできたらな、と思う。

 

ハッピーバレンタイン 2017 ☺
今日くらいは自分にとびきり甘くても良いよね。


f:id:mash832:20170204211112j:image